moon and tide logo
サイトトップへ戻る お買い物ガイド 注文フォーム 問い合わせ アウトレット お客様の声


■ Dockケーブル Walkman用 オーグライン 音量可変

■ 製品情報

名称 : Dockケーブル Walkman用 オーグライン 音量可変
価格 : \7,100円 (税込)
種別 : Dockケーブル 音量可変型 ステレオミニプラグ仕様
用途 : SONY製携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」用
ケーブル長 : 約8cm

Dockケーブル Walkman用 オーグライン 音量可変

Amazonの商品ページを表示

■ 概要

オーディオ用高級導体である、「オーグライン」を使用したWalkman用Dockケーブルです。

音量可変タイプです。(Walkman側で音量調節が可能です)
外観は、音量固定タイプと同一です

ケーブル外装は、弾力性のある保護チューブとメッシュチューブを併用。 耐久性と屈曲性を高次元でバランスさせ、高級感あふれる外観に仕上げました。

■ 構成・仕様

音量 : 可変 (Walkman側で音量調節が可能です)
導体 : オーグライン 0.4o単線 (5Nクラスの銀をベースに、微量の金を加えたオーディオ用導体)
半田 : WBT-0800 (高品位コネクターの名門、WBT社製はんだ 銀含有率4%)
Plug : REAN NYS231BG (オーディオコネクター世界トップシェア ノイトリックグループ製)
外装 : ホワイトチューブ・ブラックメッシュ仕上げ

■ 音の傾向

高域のきらめき感が秀逸で、ハイスピードで位相の揃った音が特徴です。
銅線ではなかなか出にくい、銀線特有のブリリアントさを持ち合わせています。

■ システム相性

高品位なオーディオ機器に合わせてご使用ください。
ホール残響が広がる様子や、シンバルの余韻を聴くにつけ、オーグラインらしさが見て取れるでしょう。

■ ケーブルの固さ

銀を主体としたケーブルですので、線自体が柔らかく、単線の割には使いやすい柔軟性を持っています。

■ レビュー・クチコミ (Amazon・抜粋)

音量可変がみそです。
Walkmanは普通のケーブルだとMAXで出力されます。
HPAによってはボリューム常用域で爆音になり、おいしいところを使えません。

A860+ポタアンでの使用です。
音質については他の方がレビュー少ないですが、色々書かれているようなので割愛します。
作りは丁寧で商品と一緒に検品チェックシートなど添付されており好感が持てます。
ケーブルは意外にしなやかで驚きました。
「Dockケーブル Walkman」というのは線材も含め多々ありますが音量固定のものがほとんどです。
固定の場合ポタアンのボリュームを必然的に絞ることになりますが、それによりギャングエラーの発生やアンプのおいしい領域をむざむざ捨てることになります。(おいしい領域だと爆音になります)
音量可変により、Walkmanのボリュームを下げ、アンプのボリュームを上げられることになります。
ポタアン経由でも直差しでも変わらないと思われている方はお試しください。
もっと高級線材で高価なDockケーブルもありますがCPはこちらの方が・・・

普段はipodにhp-p1や数種類のポタアンを使用して、音の違いを楽しんでます。
ipodは割りと緩い音なのでポタアンの色に染まりやすく、変化を楽しめるのですが、walkman A860シリーズは「S-Master MX」の音の個性の強さとdock端子から出る音量が大きいのも相まってポタアンの音量を上げれず、中〜高音に歪みも感じ、ポタアンとの運用を諦めていたところ、某所で音量可変dockケーブルが話題になってることを知り購入しました。
簡単に言うと、walkmanのdock端子から出る音量を下げ、ポタアンの音量を上げれるようにして、S-Master MXのクリアな音質を生かしつつ、ポタアンのキャラクターも生かし、両方の良いところを取って美味しく高音質を目指そうというモノです。
一般的に音量調整を何度も通すと音は悪くなると言われてますが、確かに音量可変dockケーブルを使い、867とポタアンの音量調整がベストですと、hp-p1などのデジタル出しは別として、好みもあると思いますが、ipodのdock端子より音質のクリアさは上だと感じます。
こちらのdockケーブルより高価な商品もネット上では取引されてますが、それらと比べても値段も手頃な上、作りも丁寧で音質も良く、品質と値段のバランスが優秀だと思います。
初心者の方の最初の1本としても、ヘビーユーザーの方にも・・・


※ レビュー全文は、amazonの商品ページにてご確認下さい。(当ページの商品画像下部にリンクが有ります)

moon and tide ロゴ